HOME » blog » 今の季節、夜にロードバイクで走るのは、寒い。怖い。

今の季節、夜にロードバイクで走るのは、寒い。怖い。

2017年 12月 7日

今日は、私の焼津のお店のカッティングシートの剥がし作業の追い込みで、昼過ぎから日没後の午後6時頃まで、スクレイパーを握り通しで頑張って作業した。

残ってる高いトコロのシートを剥がす作業は、脚立に乗っての片手で体を支えつつ、もう片手に持った小さめのスクレイパーでの作業なので、かなり大変。

地面から届く高さならば、長い柄のスクレイパーを両手で持って体重をかけて作業出来るのに、脚立からの片手作業だと、ずっと力が要るし、頻繁に脚立を小刻みに移動させつつになるので、効率が落ちるのは仕方ない。

が、それでも もう延べ8時間も作業してる事になるので、やっと完了のメドが見えて来た。

作業出来る日は、明後日のカッティングシートの貼り付け作業を前にして、明日の1日だけなので、明日もお店の開店時刻からすぐに作業に取り掛かる必要がある。多分、あと2~3時間で完成する。

今回のカッティングシートは、全面的に透明度の高いクリアカラーのシートを選んだので、僅かな汚れもマズイから、粘着剤も丁寧に全てこそぎ落とす必要があり、全く手を抜けないのだ。

で、日没後は急に冷え込んで来た事もあり、自宅に帰る事にしたのだが、街路灯も無い真っ暗な海岸沿いの道路を走るので、十分に明るいフロントライトを点灯してても、寒くて怖くて全然スピードが出せない。

それでも走り続けて自宅に帰ってが、その直後に用事で外に出たら、物凄い寒さに改めてビックリ。ついさっきまで自転車を走らせてたのが信じられない。

まあ、明日も同じ作業を頑張る。

* 一番下の画像は、壊れたリヤライトの台座。ココに3個、豊橋に別に1個あり、つまり4個も壊れた。

キャットアイのリヤライトは、安くてカッコいいが、よく壊れる。