HOME » blog » サイクルコンピューターの移設、やっと取り掛かりました。

サイクルコンピューターの移設、やっと取り掛かりました。

2018年 1月 11日

このフォーカル44は、元々は凄く美しいクリアレッドのラッカー塗装がされたクロモリフレームの街乗りピストバイクだったんですが、3本ローラーで使っていたら、滴り落ちる汗でヘッドチューブのベアリングのハウジングやフレームのトップチューブまで錆びて、更に当時付けていたケイデンス付き有線サイクルコンピューターのフレームに沿わせたコードにも汗が溜まって、ソコもさびて、結局は自分で全塗装を行う事になったんだが、ケイデンス無しのシンプルなサイクルコンピューターならば、配線がフロントフォークのセンサーに真下に伸びるだけなので、汗が溜まる事も無いから、ソレを取り付けてあったアルミフレームの車体から移設する事にした。

それほど面倒な作業でもないが、急ぐ理由も無いので1ヶ月以上も先述べにしてたけれど、今日、思い立って、やっと作業を行った。

あとは、アルミフレームの車体の方に保管してあったケイデンス付き有線サイクルコンピューターを取り付けるだけ。

コッチの作業は、ちょっとだけ面倒。まあ、明日にでも行うつもり。

一時期、8台ほど所有してる街乗りピストバイクの全部にサイクルコンピューターを頑張って取り付けたのだが、最近は、まあ無くても良いか?と思っている。

以前は、この街乗りピストバイクでヒルクライムを行うのがマイブームだったので、速度の把握は意味があったんだけど、最近は主に、それこそ街乗りと3本ローラーでの使用がメインなので、どちらも速度が何かの目安になるわけでもないから、別にサイクルコンピューターは有っても無くても、どっちでも良いのだ。

* 今日、静岡のアパートで使うための調味料が切れてたのを、まとめて買った。

一時期、自炊が面倒なので、米だけ炊いて玉かけご飯を静岡にいる時の主食にしてたけれど、最近はいい加減に飽きて来たので、結構、色々と料理をしてる。

調味料は料理の味を最終的に決めちゃうので、格安の偽物の製造方法が怪しい品を避けて、ちゃんとしたモノを買う様にしてる。

偽物の醤油、ミリン、味噌、は嫌になる程不味いので、価格が3倍違っても本物を買ってる。

和風の煮物だと、基本的に醤油、料理酒、ミリン、砂糖、顆粒ダシを調合してツユを作るが、私は絶対に分量を量らない。

いつも、その都度 味見をしながらイメージの味にもっていくのが楽しい。知的なゲームみたいに感じてる。