HOME » blog » 自分で調理して、フグのキモを食べてみた。

自分で調理して、フグのキモを食べてみた。

2018年 5月 12日

今日の未明、西浦漁港の朝市へ急に思い付いて出かけて、色々と魚介類を購入した。

で、帰宅して、全ての食材の下ごしらえを黙々とやってたんだが、お腹が空いてきたので、調理したてのモノで朝食を食べることにした。

画像は、トリ貝、法螺貝の刺身に、フグの肝、卵巣、白子に皮の吸い物。フグは一尾だけ小さいのが生きてたので、ソレも刺身にしたが撮影前に食べちゃった。

フグは毒の無い種類でも、稀に毒を持つことがあるので、売っちゃイケナイのだが、自分で調理する分には、自己責任で食べられる。

万に一つの毒の可能性に必要以上にビビるのも合理的じゃないので、食べてみた。

で、画像には無い刺身を含めて、やっぱり安物の無毒のフグでも、フグは格別に美味しい。

トリ貝も超高級食材で鮮度抜群なので、甘くて凄く美味しい。法螺貝も茹ですぎたけど、アワビみたいな食感で美味しい。

非常に満足の行く朝食だった。