HOME » blog » Fuji アブソリュート ミキスト、更にハンドル幅を詰めてみたら、新しい世界が開けた。

Fuji アブソリュート ミキスト、更にハンドル幅を詰めてみたら、新しい世界が開けた。

2018年 7月 8日

さて、ポジションセッティングの変更で、ライザーバーの逆付けをやめると同時にイーストンのカーボンハンドルから、イーストンを買った事を忘れて買い足したコントロールテックのライザーバーに交換してみたら、テーパー形状の違いで、今までよりもレバーを内側に追い込めることがわかったので、左右幅で3cm、切り詰めてみたら、凄く走り易くなった。

ドロップハンドルのブラケットポジションとフィーリング的に75%くらい同じ感覚で走れる。

あと、ロードバイクと一緒に走るレースで、グリップ一体のエンドバーが幅広いのが気になってたが、コレが相当にコンパクトになった感じで、かなり良い。

コレで、今度のレースも期待できる。

実は、エントリーリストから6人のフラットバー部門の参加者のうち3位までが入賞対象なんだが、リストの名前と過去のリザルトを照らし合わせたら、ロードバイクと比べても結構速い人が一人、私より少しだが確実に速い人が一人 いたので、上手くいけば3位入賞が狙える。

もうちょっとダイエットが予定通りに進んでれば、とりあえず2位入賞も期待出来たが、風邪と仕事が忙しいせいで全くトレーニング不足なので、今回はパフォーマンスのアップが間に合わない。

まあ、これからギリギリまで追い込んで頑張る。

ニュースで話題の タイの水没洞窟に閉じ込められた少年達が、2週間でみんな痩せてきてるので、多分、食事制限を本気でやれば、私もドカンと痩せる筈。