HOME » blog » 食品偽装、フードマーケットMamとの最終決戦に大勝利。

食品偽装、フードマーケットMamとの最終決戦に大勝利。

2018年 8月 10日

昨夜、静岡市から豊橋市の自宅に自動車で戻る時に、眠くて死にそうで、度々、眠りかけて蛇行を繰り返し、余りに危険なので2度も仮眠を挟んだ。

ところで、その数時間前、昨日の夕方の事だが、魚介類の名称の偽装の張本人、Mam の鮮魚部門の最高責任者の人から私のスマートファンに電話があり、キッチリと説教してやったのだが、そのバカが言うには、ルールが確立する遥かに前に水産庁の人から、表示はテキトーで大丈夫みたいに言われたから、ガイドラインを無視しても大丈夫だと思ってました、とか寝言を言ってて、現在も本当にダメか?問い合わせている、と戯言を言う。

で、私が、役人が文書を無視しても大丈夫と言うと本当に思うか?と問い詰めると、あり得ません 、と 返事して、やっと事実に気付いた様で、そこからは ひたすら謝っていた。

あと、Mam若松店の責任者が、監督官庁から指導を受けないうちはルールを無視しても大丈夫だと大威張りで言ってたが、ソレはお前の会社の基本姿勢か?と聞いたら、社員教育が行き届かなくて、と言ってたので、あのバカは後でこってりと絞られてただろう。

いい歳のオヤジだったが、本当に愚かだ。

と言う訳で、予め分かってたが、完全勝利。

ちょっと気晴らしにはなった。

* 画像は、記事の内容とは無関係だが、私の自宅の水道メーターと道路との2cmくらいの隙間から生えてるアカメガシワのもの。

生命力に溢れているのが非常に気に入っている。