このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得

よくある質問

Q.アダルトDVDの値段は商品によってずいぶん違いますが、価格の高いものと安いものは、その内容というか品質に違いがあるのですか?

 DVDの作品の出来の良さの具合と値段には一切が関係ありません。3000円弱が中心価格帯ですが、これより安いものは、ギャラの安い女優さんで作られた(安いけど良い)という線を狙った戦略価格商品か、『二次使用』と言って新作として発売され、製作費の回収が済んだ映像素材をいくつか編集してまとめた商品のどちらかです。
 3000円を超える商品は、限定的な好みの方に買っていただく事を狙った『高くても買う人は買うし、値段に関係なくいらない人には全くいらない』という商品か、あるいは値段が高いから内容も高いなりに充実していると思い込む人がいるのを見込んだ『演出としてのプレミアム』商品のどちらか、またはそれらの思惑がまじりあったものです。
 当店においては、この『なんちゃってプレミアム』のタイプのDVDは出来るだけ置かないようにしてますが、見極めは困難ですし、ある意味こういう『あやしさ』もまた、アダルトDVDの魅力の一部だったりします。

Q.ブルーレイ商品が少ないようですが・・・

 はい、かなり少ないです・・・。本気で売る気があるのか?と疑われる程、各メーカーの発売数が少ないためです。流通するアダルトブルーレイのほとんど全ての商品を店頭に並べ、その圧倒的高画質をハイビジョンテレビでデモをしておりますが、DVDに比べてどうしても高価ですのでかなり控えめな数量しか売れておりません。
 それでも、他社では比較的にならない充実ぶりですので、アダルトブルーレイなら静岡においては綾波書店以外の選択はあり得ません。

Q.DVDの不良品については交換していただけるでしょうか?

 もちろん!すみやかに返金・交換をいたします。
ただ、不良品として持ち込まれるトラブルの殆どは、再生の機器の不良か、間違った扱い方(指紋がついただけでDVDは再生不良がおこります。)の為で、本当のトラブルはめったにありません。DVDのデジタルデータ化はプレス成形によって作られるので当然なのですが、まれに中国で生産される安物DVDを使用した製品にトラブルが出ることがありましたが、これにこりたメーカーは最近ではほとんど国内生産をしています。

Q.綾波書店なのに『本』の扱いがどんどん減っているようですが?

 その通りです。これは『本』というメディア自体が時代の流れでつまりインターネットなどの発達でもう誰にも止められません。特にアダルト系の雑誌については、DVDがオマケだか文章がオマケだか分からない位に、DVDがメインになっているものがとても多くなりましたので、実質の減り具合は見た目以上です。
 ところで、この本のオマケのDVDはかなり安価ですが、その内容はかなり古いものか、こま切れの最新作の紹介のどちらかです。ちなみにモザイクの濃さの規準が販売用DVDとはケタ違いにきついので、やっぱり、ちゃんと楽しむなら単独のDVDをおすすめします。ちなみにこのでたらめに濃いモザイクは、レンタル用やCS放送のアダルト作品についても同じです。

Q.静岡初号店に設置されている「秘宝館」の文字が入った妙なおじさんの『あと○Km』という立体看板はあの「国際秘宝館」と何か関係があるのですか?

はい!まさにそこで使われていた、正確にはそこに至る道中で使われていた本物です。ただし色は大幅に変わっています。
 エロチックな人形のディスプレイや馬の交尾のショーで有名だったあの秘宝館も全国あちこちにあったものが、今ではほとんど潰れてしまいあの看板も一時は(30年以上前?)ものすごい数があったのですが、もうほとんどありません。
 当店のものは、ボロボロになった看板をゆずってもらい結構な費用と手間をかけて再生したものです。
 知多半島や渥美半島の地域では知らぬ者はほとんどいない看板ですが静岡ではあまりなじみがないようです。
 ちなみに、知多半島にも渥美半島にも秘宝館は存在せず「フェリーに乗って、三重の鳥羽までいらっしゃい」という意味合いであの看板は設置されていました。今にして思えば、かなり強引なお話ですね。

Q.「おもちゃ」には中国製のものが含まれていると聞きましたが大丈夫なのでしょうか?

 まず、本体だけを中国や韓国から輸入してパッケージ日本で用意して商品に仕立てるという手法が最近では主流になりつつあります。
 これは衣料品などと同じで、もはやこの流れを誰にも変えられませんし、販売店には実はこれをはっきり見分ける術がありません。
 以前は確かに直ぐに壊れてしまうものも多かったのですが、最近はだいぶ良くなったようです。それでも、トラブルをゼロにする事は不可能のようです。当店としては、出来る限り怪しい商品の情報をグループ店や業者さんとすみやかに共有し怪しい商品を俳除することで、お客様に安心して購入していただけるよう努めています。
 ちなみに、このような商品は当然として低価格の物に多いので、当店以外で低価格の商品を買う時は充分な注意とそれなりの「あきらめ」が必要かと思われます。

Q.綾波書店はウェブショプをやらないのですか?

 やりません。よほど大量に購入しない限り送料・手数料の負担が商品価格に対して大きくなりすぎますので、お客様にメリットがほとんどないからです。
 ぜひ見るだけでも楽しい綾波書店のディスプレイと圧倒的な品揃えをご自身の目でご覧になって下さい。

Q.店舗の壁から生えているキノコには何か意味があるのでしょうか?

しっとり、じめじめしてエロチックというイメージを演出するためのオブジェですが、それ以上の深い意味はありません。発砲スチロールの芯にグラスファイバーを貼り重ねて形成されており、原型のモデルは社長自ら作りました。色は全く違いますが形状はエリンギを参考にしています。スーパーでパックに入っている物と見比べて下さいね。

Q.綾波書店という店名は、やはり例の大人気アニメからの引用ですか?

 はい、そのとおりです。このアニメが大好きだった社長自ら決めました。他でもない綾波としたのは、単に語感がよかったからで他に大した意味はありません。
 ただ、このアニメは語り継がれる伝説の作品となるはずだから、この名が古びる事は無いという確信は見事当たりました。ま、パチンコ台になるとは予想出来ませんでしたが・・・。 ちなみに、以前はレイ会と名つけられた親睦会を開催してました。

Q.自分も綾波書店のようなお店を経営したいと思っていますが、開業資金はいくら位必要ですか?

 昔は、このような問い合わせが結構ありましたが最近は珍しくなってきました。
オープンに必要な費用は例えば、綾波書店と同じレベルのお店を丸ごと作ろうとすれば、5000万円以上かかると思いますが、少しずつ積み上げてきたものなのではっきり分かりません。
当店と同じ業種でも、あらゆる意味で劣る大半の他店は多分、三分の一程度の費用ででっち上げている場合が多いようです。
 それで、そんなコストにかけて綾波書店は儲かっているのかというと、お客様がたくさん来ていただけるおかげでそれなりには利益がありますが、厳しい時代でもありますので、決して楽ではありません。ちなみに全国的に見ても、新規出店は最近についてはほとんど無いと言われています。
 しかし、それでも綾波書店グループとしては、次世代旗艦店を計画中です。お客様に「特別な楽しさ」を提供する商品を手に取って選ぶ事自体がエンターテイメントとなる居心地の良い空間であり続けるというこのビジネスのさらなる可能性を信じているからです。