HOME » blog » SE BIKESのフレーム塗装は出来たけれど。

SE BIKESのフレーム塗装は出来たけれど。

2018年 2月 26日

昨日、やっと上塗りが完了したと思ったSE BIKESのクロモリフレームだが、後で良くみたら、フォークの一部の塗膜が薄くて、下塗りのシルバーが僅かに透けて見える箇所を発見。

気付いてしまった以上、放置は出来ないので、仕方なく1本2280円もするウレタン缶スプレーを買い足しに、コレが買えるホームセンター、ジャンボ エンチョーに自転車で出かけ、追加の塗装。

ウレタン缶スプレーは、一気に塗らないと中身が全部ダメになっちゃうので、ついでに娘の自転車用の泥除けを同じ色で塗る。

以前、私がママチャリレース用に調達した車体から外して余ってたパステルグリーンのスチール製の泥除けを、娘の赤い自転車に親切で付けてやったら、可愛い2トーンカラーになったのに非常に不評で、いつまでもブツブツ言っている様なので、交換用に、一旦は外したプラスチック製の泥除けを、今回 余ったルビーレッドパールに塗り替えた訳だ。

完全乾燥が済んだら、コレに再交換するつもり。

しかし、元々付いてたメッキの泥除けが、なぜかデコボコに変形させてるので、余ってた黒いプラスチック製に交換してやった時は、娘は別に何も言わなかったのに、パステルグリーンはダメだと言うのが分からない。

どうやら、2トーンカラーの自転車は珍しいので目立つのがイヤらしいし、友達にも何か言われたらしいけれど、なんと言うか女子高生は同調圧力が凄いな、と私は思った。スカート丈が他人と違うといじめられるみたいな。

* 画像はウレタン缶スプレーで汚れた私の手。

爪以外の塗料が落ちるのに、毎日入浴しても3日以上かかるし、爪に至っては、削り落とさない限り、絶対に色が落ちない。

ウレタン缶スプレーの密着力は凄い。塗面の曲がりにも強く柔軟性があり、だからこそ、フニャフニャ曲がる自転車のプラスチック製の泥除けの塗装にも使える。