このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得

エセ映画評論家

3/1 『楽に生きよう』 綾波さん

暫くぶりに映画でも見ようかと某ビデオレンタル店に足を運ぶ。
最近はコミックも貸し出ししてるので10冊くらい目当てのDVDと一緒にレジに持っていった。
お会計たったの400円。笑えん。こりゃ安い!とか素直に喜べん。

とある取引先担当者さんの話によると、ビデオレンタル店は今モーレツに苦しいらしい。セル店を羨まがる程だそうで。
いつもSALEの旗立ってたからね、やっぱりそうなのかと。
いや、ウチだって苦しいんだけどね。明日は我が身か…逆に陰鬱な気分にさせられた。

家に着いてさっそく借りてきたビデオの鑑賞開始。
題名は『ライフイズビューティフル』。知る人ぞ知る傑作イタリア映画だ。
劇中の舞台が第2次世界大戦直前のナチス強制収容所という中々ヘビィな設定なのだが、主人公がとことんユーモラスで悲惨さを感じさせない。

どんなにつらい時代でも振る舞い次第で陽気に過ごしていけるのだなあと思わせてくれる良い映画でした。
ま、所詮映画だけどね。

いやー、やっぱネタが無い時は映画の感想に限るわぁ。

※今回のネタ

タグ: ,