このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得

ロードバイクのある生活

走行会に遅刻したけど、まあいいか?。

今朝、Fitさんの走行会に参加しようと出かけたけれど、15分程遅刻したら誰も居らず、そのまま帰宅。

コレだけで1時間位の走行だし、ソコソコのトレーニングにはなった筈。

まあ、そもそも走行会への参加は、あまり乗り気でなくて、全然、残念じゃあない。

実は、先日の美浜エンデューロで炎天下の中で2時間半程も激走したから、股擦れが発生して、ちょっと痛かったから、皮膚の炎症が治るのを待つ方が良いかもしれない?という事情もあったから。

そういえば、2時間エンデューロで使用したlook595ウルトラのフロントチューブが走行の翌日にバーストしたので、ヒビだらけのユッチンソンのタイヤ共々、交換した。

ユッチンソンのタイヤは、申し分無い性能だったけれど、使い始めて早々にカラーゴムの貼り合わせ部分に深めの亀裂と全体的にも細かいヒビが入って、気分的にちょっと不安だった。

それにしても、チューブレスリムにクリンチャータイヤの新品を嵌めるのは、少し骨が折れる。

チューブも入れにくくて、補習した少しだけ伸びたチューブに交換したら、失敗して1本ダメにした。

最近のお気に入りタイヤは海外通販で安く買えるヴェロフレックスの一番上位のモデル。実勢価格でコレより高価なミシュランの5倍位は良い。

グリップも軽快な走行感もとっても気持ち良い。

image

タグ: ,

ほぼ、休息日。

実は昨日、GDRメテオ ハイブリッドでヒルクライムコースを走ったので、今日は少し疲労が残っている感じで、一応はデ・ローザcorum で走り出したのだけれど、喫茶店で日替わりランチを食べてノンビリしてから、すぐ近所の河川敷の公園のベンチで休んで帰宅した。今日は昨日までよりもかなり寒くて風も強かったかし、全然ヤル気が無い。

最近はBCAAをしっかりと走行の前後に摂る様にしてるからか、疲労が少ない様にも感じられるけれど、寝て起きたら完全に回復とまではなかなかいかない。

まあ、バランスの良いトレーニングのリズムを探す必要があるね。

*  指切りグローブの縫製が解けているのを発見。

カンパニョーロのアパレル撤退に伴う投げ売り商品の一つだが、やはり品質が良くない。

凄く安かったので文句は無いし、ウェア類は普段着と共通で全部消耗品だと思って、セールで買い溜めてスペアを沢山用意してあるので、何も不都合も無い。

以前はパールイズミとかのしっかりした製品を好んで買ってたけれど、高価でも耐久性が高い訳じゃあない事が分かったので、今は値段を基準にセール品から選ぶ。

ただ、やっぱり安いジャージは生地がそれなりの場合が殆ど。伸縮性が良くなくて、通気性もイマイチでスグに生地の表面が毛羽立つ。

まあ、値段が高級品の3分の1以下だから納得はしてる。

普段着と兼用だから、安物でも着替えが多い方が便利で良いのだ。

image

タグ:

補給食としてのBCAAの効果は?

突風の中で行われたツール・ド・エコパ 2時間エンデューロで、補給食としてBCAAをパウダーのまま用意して、走行中に飲んでみた。

事前にオブラートにパウダーのまま包んで、雨天が予想されたし実際に最初のうちは雨が残ってたので、雨対策として、オブラートで包んだBCAAをさらにラップで包んでフレームバッグに入れて置いた。

で、走行1時間過ぎに飲んでみたが、エナジードリンクのモンスターエナジーで流し込んだけど、口の中が粉っぽくなって、かなり飲み難い。まあ、慣れる範囲ではあるが。

それで、効果の程はと言うと、リタイアするまでの100分間、痙攣の兆候も無かったし、ペースの調整でパワーが戻る感じさえあり、十分な効果が感じられた。

実は、パンクでリタイアする前の直前の数周間、後ろの方に小さく先頭集団が見えたので、ラップされたくないと思って少しペースを上げたら、そのうち確認出来なくなったから、多分、その間は先頭集団よりも速く走ってたのだと思われる。

その位、余裕があったのだ。

強風のため、このレースの一番だった人さえ平均速度がたったの32km/hという超低速の展開だったし、恐らく終盤は更に遅い速度で進行してた筈だから、そういう事が出来たのだけど、それにしても誰にも条件は一緒だから。

 

あと、走行後にも余裕があったし、翌日の今日、いつもなら筋肉痛と疲労でヘロヘロになってる事が普通だったけど、多少の筋肉痛があるだけで、全然平気。

BCAAは本当に効いてる気がする。

もう何度か、試してみる予定。

* パンクしたチューブもタイヤも交換した。タイヤはヴィットリアのセカンドグレード、ディアマンテ プロのラジアルじゃあないほうがパンクしたのだが、確認したらガラスの欠片が、4個も刺さってたので、大き目のキズがあったし、感触としてガラスを拾いやすい感じがあったから、交換した。

チューブの交換に失敗して穴を空けちゃったので、修理可能な穴開きのチューブが3本揃ったから、久し振りに修理してみた。

いつもはパンクしたら大抵、チューブも伸びちゃってるから廃棄する。

imageimage image

 

 

タグ: ,

ゲリラ豪雨の雨雲を見つけた。と、思ったら。

今日もロードバイクで走り出したのだけれど、どうにも胸焼けが酷くて、体に全然力が入らず、早々に引き返して風呂でのんびりとまどろむ。

で、風呂から出ると、やっぱり胸焼けが非常に辛いので、ドラッグストアで市販薬のガスター10を初めて買って、炭酸飲料で早速流し込むと、ものの数分で随分と楽になった。

ガスター10、凄いぞ。

で、最近ずっと胸焼けがしてて体調不良だったし、何かを食べてると少し楽になるので、リバウンドの原因はコレだったに違いないと思い至る。

あまりに長い事、この症状が出なかったので忘れちゃってたけれど、コレは所謂、逆流性食道炎だ。

内科医院で処方箋をもらって薬を入手して飲めば、即効で症状は改善されるので、豊橋市で今週末に行ってくるつもり。

そうすれば、一気にダイエットも進むはず。

 

*  ゲリラ豪雨の雨雲をスマートフォンの雨雲アプリで発見した!

 

と、思ったが、実際には雨は降ってないし、このまん丸の雨雲の画像は色々と操作していると数分の内に消えては現れるを繰り返し、ついには完全に消え去る。

 

それで、気になって気象庁に直接聞いてみました。

 

そしたら、予想通り、コンピュータのバグだそうです。

どうしても時々出ちゃうのだそうだ。見つけ次第消してるそうだが、対応が間に合わないらしいです。

こんなのが表示されるの、殆どの人は知らないと思う。

image image

タグ:

BCAA仮説。

多少、リバウンド気味にもかかわらず、先日の、チャリレースin西浦2016、の3時間エンデューロでは、1時間半程度はトップ集団で走れて、千切れてからも周回遅れで合流してから30分程は一緒に走れたのは、私としては今迄で最高の出来だった訳だが、コレが実現出来た原因の主要な要素として、走行直前にたっぷりと摂取したBCAAパウダーが効果的だったのかも知れない?と、思い至り、今日、試してみる事にした。

延々としては50km以上も続くヒルクライムコースをBCAA を摂りながら出来るだけペースを維持して走り続けてみて、筋肉疲労が回避出来るかどうか?を検証してみるつもりで、BCAAを紙に包んでフレームバッグに入れて走り出した。

が、どうにも体調が悪く、喉は痛むし胸はムカムカするしで最初からペダルに力が入らず、早々に諦めて引き返す。

なので、実験結果は何も分からず。

もう少しマシな体調の時にリベンジしてみる予定。

今日はどんよりとした曇り空で風も強く気温も昨日からドカンと下がり、それでいて湿度も低めだから、明らかに空気密度が高くて、全然進まない感じ。

気温が20度違えば、空気密度が9%程も変化して、空気抵抗が8割以上のロードバイクだと平均速度が2km/h

位も低下すると言われてるので、コレは決して気のせいでは無く、確かに体感出来る現実。

因みに、湿度高い方が、気化した水の方が他の空気の成分よりも軽いから、空気密度が下がって空気抵抗が減る。

あと、今日の様に風向風力が変化しない風は、体感よりもずっと影響が大きくて、向かい風だと、あたかも自分のパフォーマンスが低下したみたいに感じられて本当に気持ちが折れる。コレが一番キライだ。

* モンスターエナジーを買って、半分飲んで、あとはボトルに入れて水で割った。

コレも即効で効く。

image image

 

タグ:

雨の日には、3本ローラーが唸る。

今日は終日の雨模様。なので、日課の喫茶店のモーニングにも自動車で出かけ、帰宅してからはひとしきり寝転がってノンビリしてからは、昨日乗ったGDRメテオ ハイブリッドのメンテナンスをしてから、久しぶりに3本ローラーに乗ってみた。

最近は、気温も高く雨も降らず、風も穏やかな自転車で走るのに快適な日が続いていたので、3本ローラーに乗るのは、1週間ぶりだ。

静岡に置いてある3本ローラーは、エリート E-motionなので、フロントのローラーに脱輪防止ガイドが付いてるから、テレビを見ながら余所見しつつも安心して乗れる。

時間の余裕が無くて30分回しただけだが、たったコレ位でも明らかに体調が向上する。途中、一度だけアウタートップで5分程ぶん回し、クリテリウムでの単独の逃げ切りを想定したトレーニングをしてみる。

私はスプリントが得意じゃあないので、勝機があるとすればロングアタックなのだ。

それにしても、日曜日の3時間エンデューロから、もう4日も経つのに、まだ少し脚の筋肉が痛む。痙攣が始まってから、1時間もそれなりの速度で走ったので、筋肉の損傷が深い様だ。

 

しかし、なかなか痩せない。

* チャリレース in西浦2016 3時間エンデューロの参加賞でシューズの中敷き貰った。

開催地の蒲郡市が協賛していて、コレは蒲郡市の繊維業組合、事実上は公務員が仕切っている組織だが、ソコの勿論国産のオリジナル商品。

ワンサイズで足に合わせて切って使うという乱暴な構成。流石、素人の発想。

母指球のあたりと土踏まず、それにカカトにデカい突起があるのだが、母指球のあたりの突起が変に足裏に当たり、ハッキリ言って少し痛い。

うん、コレは完全にダメな製品だ。

もう二度と使わない。

一体誰が製作を監修したのだろう?とんでもなく無能だ。

image image

 

 

タグ:

未だ疲労が抜けず。

3時間エンデューロの死闘からもう3日目の今日。筋肉痛は8割方は治ったけれど、どうにも粘着質の疲労がベットリと全身を覆ってる。

それでも寝転がってるよりもロードバイクで軽く走った方が回復が早いと思われるので、GDRメテオ ハイブリッドで最近お気に入りの山間部に向かう緩勾配の上りが長く続く道を無理せずにゆっくりと上ってみる事にした。

最初は先日上った更に先迄行こうと考えてたけれど、どうにもペダルが重く感じるので、早々に諦めて、頻繁に休息しながら急勾配の区間の手前で引き返す。

帰宅してから、回復の為に栄養のある食事を摂る事にした。

豚肉のステーキに、玉ねぎと油揚げ、納豆、それに玉を二つも入れた具沢山の味噌汁を作り、食べた。

炭水化物が無いけれど、ソレはたまたまご飯を炊くのが面倒だっただけで、特に炭水化物ダイエットを意識している訳じゃあない。

そう言えば、静岡では今迄はご飯を炊いてなかったが、今週から炊飯器を持ってきて、昨日は3合炊いて、全てオニギリにして食べた。

実は、豊橋の自宅で炊飯器が壊れたと思い込んで慌てて新品を買ったら、壊れてなかったから古い方が余ったので、ソレを持って来たのだ。

壊れたと思い込んだのは、蓋が閉じない状態だったからだけど、まさか外してあった内蓋の方にロック機構があるとは想像出来なかった訳。

でも、ソレは内蓋を外して掃除した事の無い私が悪いと奥さんに言われ、それはそうだと納得した。

ちなみに、最近、30kg入りの袋の玄米の状態のミルキークイーンを買ってみたけれど、よく言われている様に冷えても美味しいので、オニギリにぴったり。

冷えたオニギリは吸収が良くないので、摂取カロリーが約半分になるらしい。なので、コレもダイエットの一環である。

 

 

タグ:

チャリレースin西浦2016、3時間エンデューロの結果は?

取り敢えず、先に結果を書いておこう。

総合順位しか分かんないけれど、参加したソロ、チームの合計で107の同時走行してた「チーム」のうち、29位だった。

上位27%ですね。

まあ、現在の私の体重からすれば上出来だろう。

そもそも、1時間半までは先頭集団で走ってた。最初は風も穏やかで平均時速も40km/hに限りなく近い速度。

立体交差の区間だけは、私だけ圧倒的に他の人より速かったので、集団の後ろから10人以上の全員を抜き去ってしばらく先頭を引いたり、軽く逃げたりもしてた。

それから、1時間半位で周回遅れの処理を戸惑って、千切れて、しばらく休息しつつ一人で周回をこなして、そして後ろから集団が来た時に再び集団に乗って、2時間目位迄は15位で走ってたけれど、ソコから脚が痙攣し出して、いきなりペースダウン。

仕方ないので、幾分強く吹く様になった風の中を、平均時速32km/h程度で、只々痙攣が酷くなるのを色々と工夫しながら回避しつつ、淡々と時間いっぱい迄走る。

普通のダンシングをしようと腰をサドルから上げると、途端にピキッと来るので、バックストレートでは脚の筋肉をほぐす為に、敢えてアウタートップに変速してから、ソロソロとゆっくり腰を上げて非常に低いケイデンスの休む為のダンシングをしたりしてた。向かい風をいなす為に、下ハンドルで深い前傾姿勢なのに凄く遅くて、事情を知らない人が見たらバカみたいだと思っただろう。

それにしても、もし仮に90分のレースなら、ゴールスプリントに参加出来てたのに。

まあでも、これ程先頭集団で長く走れたのは初めてだから、体重が減らなくても走力は上がってると言う私の自己認識は実に正しかった。

なので、それなりに達成感はある。

集団で走ってたとはいえ、私は得意な下ってから登り返しの区間を私一人だけ別のライン、別のリズムで走りたかったので、集団内をせわしなく動いていたら、色々と他の人に怒られた。

エンデューロは何でも有りかと思ってたけど、どうやら一応のマナーが共通認識されてるみたい。

いやー、ごめんなさいね。よく知らないもので。

 

走行後はヘロヘロで脚が痛くて.ビンディングシューズを履き替える為にしゃがむ事も出来ず。

色々と掻き乱しまくったので、天罰かもしれない。

* 画像は、AZのチェーンオイル。安いので試しにアマゾンで買った。まだ使ってない。

image

タグ:

サーベロS1に、カンパニョーロ バレット 80を付けてみての実走は?

昨日、負荷の高いヒルクライムを行ったので、今日は案の定、筋肉痛が激しい。

なので、軽く流すだけ という感じでサーベロS1を走らせる。

先日、80mmのディープホイールに交換してみたが、実走は今日が初めて。

極端にホイールベースが短いサーベロS1とディープホイールの組み合わせは、かなりバランスが良くて、実に気持ち良くスーッと進む。

加速はチカラがいるが、速度の維持は明らかに容易だ。

あと、思いつきで、静岡によくある急斜面の茶畑を繋ぐ急勾配の農道をヒルクライムしてみたが、ディープホイールは剛性が高いので伝達効率が良好で意外に上りが走り易い。多分、緩斜面を速度を保って走る状況なら、ホイールは軽い方が圧倒的に有利だと思うが、速度が極端に落ちる程の坂だと、ディープホイールの重さは大して不利にならず、ディープホイールならではのガシッとした剛性感が心地よくペダリング出来る事に繋がる気がしてる。

それから、昨日確かに掴んだ気がした効率的な高速巡航の技術の手応えを、改めて確認してみたが、完全に感覚に馴染ませるには、もう少しの走り込みが必要な様だ。

まあ、エンデューロイベントの直前にこのトレーニングを行うつもり。

イベントは今度の日曜なので、日程的にはもう、調整の為のトレーニングしか出来ない。

ダイエットが進まない以外は、ソコソコに良好な仕上がり具合ではある。

目標は、上位20%、かな?。

茶畑の急勾配の道路の頂上は、行き止まり。

誰も来ないし、もし来ても見渡せる一本道だから遥か手前から確実に把握出来るので、野外セックスにピッタリの場所。

image

image

タグ:

ヒルクライム、頑張った。

今日は、予定通りに静岡の山間部の延々と続くヒルクライムコースを走る事にした。

今日の機材は、私の多くのロードバイクのうち、最もヒルクライム性能が高いホイール、マビック 、キシリウム125を履かせたデ・ローザcorum。

最初の目標は、ヒルクライムコースを登り切った先にある湖だったが、昨夜は寝付けずに朝方まで起きてたから出発が遅れたのと、途中で仕事関連の電話をかけまくってたので時間が足りず、帰宅時刻から逆算したギリギリまで、とにかく上り続ける事にした。

で、2時間半、上りました。

最初は勾配も緩くて快調に距離を稼いでたけれど、次第に勾配がキツくなって、最後の方は11%と表示された急勾配が果てし無く続く状態になり、流石に疲れ出したあたりで決めておいた折り返しの時刻になり、それから帰路のダウンヒルだけど、なんと1時 間も下りっぱなし。

途中で小休止して、消耗したブレーキパッドのためにワイヤーを再調整した程、ブレーキをかけっぱなし。路面が悪いので、かなり速度を落とす区間が頻発したのだ。

いやー、こんなに連続してヒルクライムを走ったのは初めて。非常に疲れた。

ところで、帰路の向かい風の平地基調の河川敷の道路で、高速巡航の為の実験を色々とやってみて、効率的なエアロフォームと呼吸法の極意の一端が見えた気がした。

今迄、サドルの前寄りに座って前傾姿勢を取ってたけど、むしろ後ろ寄りに座って肘を内側に引き込んだ方が前面投影面積が減るので巡航速度を乗せやすい。

とか、息を吸う時に最後に大きく吸い込むと酸素を多く取り込めるとか、特に向かい風の時は僅かな工夫で大きく速度が違ってくる。

まあ、ダイエットは進んで無いけど、それなりに速くなっている。と、いいな。

image

タグ: