本日のヤフオク!、ピューター製 ビアマグ。

2014年 8月 2日

昨日残したお店での仕事を片づけて帰宅すると、午後2時を過ぎていた。

今日も蒸し暑いので、自転車で走る気分が盛り上がらず、とりあえず、残してたケストレルのメンテナンスを進める事にした。

その前に、FUJI トラックプロのステムをヤフオク!で入手したFSAの110mmに交換してみた。実に簡単な作業なので、スグに完了。試乗はまたの機会だが、とりあえず、見た目は随分ハンドル周りが伸びやかな印象で、カッコ良くなった。

性能は別にして、ステムは110mm以上が断然カッコイイ、と私の豊富な経験と深い見識から認定しよう。コレだけで敢えて小さ目のフレームサイズを選ぶ価値がある。ま、逆に短すぎるステムも、無理矢理改造したかのような感じが、あくまで乗る人が主体であるという決意を感じさせて好ましいと思うけど。例えば、70mm程度のステムを付けてる私のコメンサル アシッドやFUJI VENOMとか。

さて、ケストレルのシフトワイヤーの交換は予想外に手間取った。先日、既にフレーム内部を通すところまでは出来てたのだけど、BBシェルにワイヤーガイドを組み付けて、とりあえずリヤディレーラーのワイヤーを張り直してシフト調整までやったのに、結局、最初からやり直しになった。フロントシフターがワイヤーを張っても全然動かなかったからだ??。

で、最初からやり直してるうちに分かったのだが、7900系デュラエースのフロントレバーは、シフトワイヤーを適正に通した後、ワイヤーのテンションを過剰に緩めると、ワイヤーのタイコがレバー内部のシフト機構から外れちゃう事があるのだ。

いやー、コレは全く想定外。穴状の箇所に貫通するようにワイヤーを通すのに、まさか?という感じ。恐らく、日本全土で私と同じミスをした人が100人くらいはいるに違いない。

で、まあ出勤時刻ギリギリで、とりあえず、ディスプレイスタンド上ではキチンと前後とも変速するようには組み上げた。

交換前の、シフトフィーリングがゴリゴリして良くない、という症状は、かなりマシになった。ハンドルからフレームを結ぶアウターワイヤーを意図的にかなり長めのものに交換して、途中のアジャスターをスムーズに通過するようにしたのが効いたかも?。

* ヤフオク!で興味半分でタイ製のピューター、つまり錫のビアマグに入札してたら、5客で送料込3000円弱で落札できちゃった。で、ソレが届いた。かなりキレイな中古だが、新品なら1客5000円以上はするので、かなり安い。

恐らく、微量の合金は別にして、錫という金属に触れた事のある人は、日本国民の1%もいないと思う。酒燗器のチロリの高級なモノ以外には、ほとんど見る機会さえ無いモノだし、私の子供はおろか奥さんさえ、錫という金属の存在さえ知らなかった。

なので、中古品にはロクな値段が付かないと思われる。知らないモノは買えない。

ちなみに、持った感じは、見た目以上にズッシリと重く、外観は鈍い輝きが素敵。ヘアライン仕上げのステンレスに質感がちょっと似てるので、事前の知識が無いと、誰も錫製だと分かんないと思う。

とりあえず、知的好奇心が満たされて満足。せっかくだから、このピューターのビアマグは、私が麦茶を飲む時にでも使おう。

CIMG0594CIMG0592CIMG0595CIMG0593CIMG0596