アクメ自転車 エボリューション 製作日記 -86- 「スイッチ表示」

2015年 4月 20日

今日は、昨夜テプラで作製したラベルでスイッチの機能表示を貼り付けた。

が、このスイッチ位置の確認のためにローターシステムの稼動テストをしてみたら、なんという事でしょう?、動かない。

実は、コントロールパネルの個々の機能は確認してから組み立てたけど、画像撮影の予定が押してたので、作業完了してからの最終作動確認はやってなかったのだ。基本的に簡単な回路なので、よもや動かないなんて想定してなかった。

しょうがないので、コントロールボックスを分解して、テスターで出力側と入力側の具合を調べたら、直流が出力されてない。

で、順番にトラブル箇所の範囲をテスターで絞ってゆくと、マイクロUSB端子のコードとローターのコントローラーとのコードの接続部が接触不良だと分かり、ハンダ付けから丁寧にやり直す。

それで、まあ動くようになったんだけど、何故か非常に動きが弱い。

コントローラーの手前まではキチンと強い電流が流れてるのは確認出来たので、圧着端子の接合部などをチェックしてたら、何故か?イキナリ正常に力強く動くようになった。どうやら、接合部のどこかの具合が悪かったみたい。

とまあ、お約束のようなトラブルを克服して、ローターシステムは見事に機能するようになった。

物凄く大げさな外観になっちゃったシステムだから、ちゃんと機能して本当にホッとした。外観は凄いけど、機能してないなんて事態は許しがたいから。

あとは、チェーンテンショナーの取り付けに取り組む。

来月から、とりあえず1ヶ月間の私の静岡のお店での展示を決めたので、それまでに100%の完成に漕ぎ着けたい。

2ヶ月以上、毎日のように製作作業を進めてたものだから、かなり愛着があって、ずっと手元に置いておきたいと思ってたけど、9割9分完成した今は、多くの人に見てもらいたいという希望のほうが強くなった。

同じような意味で、AV作品に使用してもらう話も進行中なのだけど、実現を大いに期待してる。

* 外付けの配線ケーブルガイドを取り付けてあるけれど、コレは最初は出力側のコントローラーへのコードをパネル上面から取り出そうと考えてて、その場合ココにガイドがあるほうが理想的なので製作したけど、色んな都合で今はパネル下面から配線してるので、あまり機能的意味は無い。が、カッコイイから大丈夫?。

CIMG2453

CIMG2460CIMG2459CIMG2458