GDR メテオ ハイブリッド、あと僅かでしたが、、。。

2015年 6月 28日

昼からの仕事の前に、GDR メテオ ハイブリッドを組み上げて簡単な試走をする予定だったけれど、一度起きてからもCS海外ドラマ録画を観ながらうたた寝してたら、あまり時間が無くなっちゃって、あとほんの僅かなところで完成には至らず。

具体的に言うと、一番ややこしいシフトワイヤーを張ってシフト調整までは出来たのだが、バーテープを巻くのだけ無理だった。

このシマノの11速システムは、それまでの10速以下のシステムと取り付け、調整方法が大きく異なる、と言われてるけれど、フロントディレーラーのワイヤー取り付け部のコンバーターの使用判定が増える以外は、基本的作業は一緒で、特に難しい事は無い。

ディレーラーにワイヤーを取り付ける前に手でディレーラーを動かして作動範囲の規制ネジを調整し、一番テンションが低い位置でワイヤーを引っ張りながら固定して、アジャスターでテンションを少しずつ上げて適正位置にインデックスが合うようにして、再度、作動規制ネジを微調整するだけ。

その前の、アウターワイヤーの長さの設定も繊細な作業だと言われてるけれど、意図的に少し長めに切って仮組して、フレームのアウター受けの脇で手でアウターワイヤーの端を持って、ハンドルを振って動きを必要以上に邪魔しない適正位置を確認して再カットするだけ、である。

自転車屋さんはタイトな取り回しにしたがる傾向が強いけれど、出来るだけゆったりと取り回すほうがシフターの動きがスムーズになるので、私はそうしてる。

じつは、ロードバイクの所有台数が3台くらいだった昔は、ディレーラー調整に自信が無くて、自転車店に何か別の作業を頼むついでにお願いしてた時もあったのだけれど、今にしてみればバカみたい。

で、老眼鏡が無いと細部が見えないのだけど、3個も買ったのに全て無くしたので、今回の組み立ても、ほぼ細部がハッキリと見えないまま行ってるのだけど、パーツの位置関係や干渉の具合を1mm以下の精度で管理するのも、指先の感触や稼動させた時の振動の具合を確認で、何も問題なく出来ちゃうのは、ディレーラーの作動の仕組みを完璧に理解してるからである。

唯一、虫メガネで確認が必要だったのが、フロントディレーラーの3mmくらいのコンバーターと呼ばれるパーツの向きを判断するときだけ。

今までZAMBIKESバンブーバイクの変速仕様への改造がパーツを調達したまま半年以上も放置してあったけれど、久々に組み立て作業をしてみたら、記憶よりも簡単で楽しかったので、コッチのほうも、GDR メテオ ハイブリッドに回したので現在は足りないシフトレバーが到着したら、すぐに組み上げるつもり。

ところで、今日は4種の魚のフライと、リンゴをラム酒で煮詰めたりした2種の甘いホットサンドを大量に作り、元妻に、分けてあげるから自宅に取りにくるように言って、仕事に出かけた。

現時点では、良好な関係は持続できてる。まあ、やはり良い事であろう。元妻のアパートにはコンロが無くて、マトモな料理は作ってないらしい。一緒に住んでる娘がかわいそう。

で、私は料理は好きでかなり上手だと自負してるが、後片付けが大嫌いなので、食器が積みあがったキッチンのシンクとかを元妻が時々掃除してくれてる。まあ、とりあえず良い事だと思う。

* 画像は、フロントシフターに同封されるコンバーター使用判定器。コレでの確認作業が増えたので、組み付けは非常に面倒に思えてたけれど、ディレーラーの動きを見れば機能と意味が理解できるので、苦手意識はもう無い。

CIMG3026