フォーカル44で。

2016年 2月 17日

そう言えば、一昨日、平田リバーサイドクリテリウムにエントリーしようとして、エントリーフォームが開くと同時にアクセスして、丁寧に手続き作業をしてたら、完了する前に募集枠が埋まり、エントリー出来なかった。
参加料がたった1000円と言う格安のイベントなので、人気が高く、エントリー自体から既にレースが始まってて、私は完全にソレに破れた。
多分、メールアドレスをワンクリックで呼び出せる様にしたおかないと、この勝負には勝てないみたい。おそらく、勝敗を分けるのは、数秒単位の操作スピードの差だろう。

さて、今日も寒かったので、自宅で3本ローラーを回すだけにしようと余程思ったけれども、連日それじゃああまりに芸が無いから、意を決してシングル固定ギアのフォーカル44で走る事にした。

走り出す前にタイヤの空気圧のチェックをしたのだが、フロントだけ少し空気圧が少な過ぎたので、多分、スローパンクチャーを起こしてる可能性が高いのだけど、とりあえず、1日なら持ちそうだったので、そのまま走り出す。
多分、チューブにピンホールが空いていると思うけれど、明日にでも交換しよう。

で、いつもの道の駅で折り返すコースを走ってみたけれども、やっぱり凄く寒い。
折り返しの道の駅で休憩すると、完全に体が冷えて、復路を走り出して暫くは、ごくゆっくりとペダルを回して、十分なウォームアップをする必要がある。
それにしても、道路のあちこちで、補修工事をしていて、とても走り難い。
よく言われる道路予算を年度末までに使い切る為の辻褄合わせの工事である事が明白だ。

暫く続くだろうから、トレーニングのコースを再検討する必要が有るかも?

途中でサドルを上げようと思ったら、シートピンが特殊径のデカいオリジナル品だったので、手持ちの携帯工具では回せず、自宅に戻ってからサドルの前後位置調整と合わせて作業を行なった。
確認の走行が出来ないので、明日にでも3本ローラーで確かめなくちゃ。

もちろん、チューブの交換もしなくちゃだし、やっぱりシンプルなシングルと言えど、色々とメンテナンス作業は発生する。

アスレチック機能付きのベンチが堤防道路沿いの公園スペースに並んでた。

かなり古くて、趣深い風情。
image

image

image

タグ: