世にも珍しいレッグウォーマーの裾上げをした。

2018年 12月 31日

昨日、2セットのレッグウォーマーと1着のビブタイツの裾上げが出来たのを洋服の直し屋さんから受け取って来た。

私はウェストでサイズを合わせると裾が余るので、タイツは裾上げを行うことが多い。

で、ニットなんだから少し皺を許容すれば、わざわざ切り詰める必要も無い様だが、実は長さが合わないだけじゃ無くて、ファスナーが締めにくいくらい私の足首は太いので、ファスナー部分を切り落としちゃうのが真の目的である。

レッグウォーマーがニーウォーマーになって、タイツが8部丈になっちゃうが、ソックスを履けば隙間は埋められるので、特に問題はなく、快適に使える。

私は普段具も全部、サイクルウェアなので、冬の季節はタイツが必要だが、ビブタイツはトイレにも不便だし、高価だから十分な着替えを持っていないから、ショーツにレッグウォーマーで代わりとしてる。

まあ、コレはコレで快適でお気に入り。

レッグウォーマーは、時々ズリ落ちてくるが、自転車に乗らないならば、時々引き上げるだけ。