昨日のモリコロパーク90分エンデューロは、取り敢えず走っただけ。

2019年 10月 7日

ここ最近、風邪の症状がやっと良くなっては悪化するという状況が繰り返されていて、レースの3日前程から、その悪化の局面に突入した。

金曜日の夕方の豊橋市に戻り、土曜日に内科医院へ行って処方薬を貰おうとしたら、保険証が見つからず、診察を諦める。

バカ高い保険無しの料金を払って、後で書類を書いて返金してもらう事は可能だが、面倒なので私には絶対に無理だ。

仕方ないので良く眠って静養して、風邪の市販品を飲んだらレース当日の日曜日には何とか走れそうな気がした。

なので、家を出るギリギリまで作業して、サーベロS1のコンポの組み替え作業を行い、試乗もせずに会場に向かう。

他にもロードバイクが沢山有るが、超軽量ホイールのマビックキシリウム125を装着するのに都合が良いのがサーベロだったのだ。

それでレースはスタートしたが、到着がギリギリだったせいで試走は出来ず、スタート位置は最後尾付近。

更にスタートして直後、クリートカバーが外れてシューズからぶら下がってる事が分かり、停止して直している間にダントツの最後尾になる。

ソコから追い上げたが、周りに人がいないので、モチベーションは上がらず。

でもまあ、気分が悪くなる事なく走り切れたが、順位はかなり良く無い。確認すらしなかったけれど。

最近、年齢の為に心肺機能が低下してる懸念があったが、今日は遅かったが気持ち良く走れたので、ダイエットさえ頑張れば、まだまだ向上の余地が有ると言う手応えが得られてだけで、良かったとしよう。