ヴィジョンのエアロハンドル、リッチーの220度ステム

2019年 11月 28日

新しいパーツをやっと取り付けた。

リッチーの25度でクランプ部が220度で分割されてる特殊なステムは竹フレームのZAMBIKES へ、ヴィジョンのカーボンエアロハンドルはアルミフレームのピストバイク、チネリ ビゴレッリへ 取り付けた。

3本ローラーでメインで使うチネリは、汗で一部のネジがアルミパーツと固着しかかっていて作業が大変だったが、リッチーのステム交換は、220度クランプが少し心配だったが、予想よりも簡単に組み付け出来た。

シングルスピードにカーボンハンドルは少し大袈裟かも?と思ったが、コレ、ブラケットポジションが手のひらの荷重を絶妙に分散させて、非常に楽だし路面からの振動を軽やかにいなしてくれるので、大成功だった。

ZAMBIKES はまだ試乗していないが、確実に操作性が上がっていると確信出来るので、期待出来る。

どちらもバーテープを巻き直したから、かなりの時間がかかったが、達成感は大きい。