逆向きに巻いちゃったけど、まあ良いか。

2019年 12月 2日

Fuji トラック プロのハンドルをセールで買ったアルミのエアロタイプに交換した。

この車体は豊橋市で3本ローラーを使う時のメインの車体なのだが、3本ローラーでのトレーニングは手の平に負荷がかかるので、荷重が分散される平べったいエアロタイプのハンドルが都合が良いのだ。

私の複数の所有車のうち、最初に取り付けたアルミハンドルは、軽量な丸パイプのハンドルが多く、コレを少しずつカーボンやアルミのエアロタイプに交換を進め、もう3本くらい使わないハンドルが余ってるんだが、まあ仕方ない。

昔はカーボンのエアロハンドルはグニャグニャに曲がる剛性の低いモノが多く、また以前のアルミのエアロハンドルは非常に重かったので、アルミの軽量丸パイプのハンドルは、選択肢として悪いモノじゃ無かったのだ。

それに昔は私のペダリングも現在ほどハンドルに意識的に荷重しなかったので、丸パイプで何の不都合も無かったし。

でも今はグリップ部の荷重が分散される優しいエアロハンドルが本当にありがたい。

セールで格安で買える事も多く、デザイン変更とかのモデルチェンジが頻繁な3Tの製品は特にその傾向が強く、先日もカーボンエアロハンドルが格安だったが、数日迷っているうちに早々に売り切れたのが少し悔しい。

こういうのは勢いが大事だが、その時は気分がちょっとネガティブだったので。

まあ仕方ない。

巻き直すバーテープを高級なリザードスキンにしたんだが、巻く方向を間違えた。

でもまあ、このバーテープは思いっきり伸ばしながら巻くのが非常にやり易く、ズレる心配は皆無なので、特に問題は無い。

3.2mm の分厚いのを選んだけど、とっても快適で気に入っている。