アサリ4粒

2020年 3月 16日

先週の月曜日、東幡豆の沖島という無人島での潮干狩りに今シーズンの幕開けで参戦。

そして惨敗。

岩場の潮干狩りは困難だが、大きなアサリが獲れるので、試しに行って見たら、全然、潮が引かず、全く獲れない。

私だけじゃ無くて、他の皆さんも全然いないとボヤく声があちこちから聞こえる。

それでも頑張って、皆さんは2~30粒くらいとってたけど、私は早々やる気を無くして4粒だけ。記録的大敗である。

せっかく胴長靴を履いて行ったのに、石が痛くて座り込んでの採集が出来なくて、全くどうにもならない。

舟に乗って無人島へ移動して、海風に吹かれているだけで気持ち良かったので、渡船料金込みで2200円も惜しくは無い。と、強がりを言っておこう。