オーナーブログ

ワイヤー交換に非常に手間取った訳。

やっとケストレルのインナーケーブル交換が出来た。

滅茶苦茶に時間がかかった。取り敢えずインナーケーブルをフレームとハンドル内部に通してから、調整をしようとして、同時に交換したシフトレバーを左右 逆に取り付けてる事が判明。余りのバカみたいなミスに我ながら愕然とした。

それで最初から全部、やり直し。

非常に難しい10速コンポのディレイラー調整は、すんなり出来たけれど、実走で確認する必要がある。

あとコンポの組み直しも1台有るが、それは来週。

だんだんと作業のコツを思い出しつつある。

アスチュートのカーボンレール サドルを買ってみた。

このメーカーのサドルを買うのは3回目。だが、カーボンレールのモデルは初めて。

海外通販の値引き幅が大きくて、今まで買ってた安いステンレスレールの商品よりも安いくらいの値段で買えた。

セールでも2万円くらいだったのに、更に半値くらいだった。

非常に派手な限定カラーで、だからこそ売れ残ったと思うが、私はこういうのは大好きだから、まさに願ったり叶ったり。

明日にでも、ケストレルに付けてみる。

このサドルの特徴は、先端部がしなって乗り心地が良い点だが、カーボンレールでより一層、しなやかに乗れる期待がある。

携帯ポンプの口金をSKSに交換してみた。

何年か前に海外通販で購入した日本には売っていないアルミ削り出しボディーの携帯ポンプをSKSのフロアポンプ用に交換した。

画像の通り、携帯には不便な大きさだが、ノーマルはねじ込みタイプの口金で、非常に使い難かったので、思い切って取り替えた。

想定するホースの内径が全然違うので、そのままじゃ付かないから、金工ヤスリで勘合部を削って、パーツクリーナーを潤滑剤にして、かなり強引に取り付けた。

私の所有するケストレルは、異形のシートチューブレスフレームでダウンチューブが異様に太いので、携帯ポンプを取り付ける事が出来ないから、ジャージのバックポケットに入れて走るので、口金が場違いに大きくても使用上の問題は無いのだ。

最近では酷暑で、ロードバイクに乗るのは、走行会や遠くに出かける用事でロードバイクでも大丈夫な時だけだが、これからは涼しくなって乗る頻度が一気に増えると思う。

トレーニングは専ら、室内で配信海外ドラマを観ながらの負荷装置付き3本ローラーが9割。

これはこれで楽しいのだが。

スギノのセラミックBBは、やっぱりダメになるのが早いみたい。

サーベロS1のチェーンを外して、何となく空転させたら明らかに異音がする。

ベアリングが死にかけてる音だ。

スギノのセラミックベアリングだが、やっぱり寿命は短いようだ。

シマノ純正のBBが手持ち在庫に有るので、今度、11速に組み直す時に同時に交換する。

クランクは7900デュラエースから替えない。

7900デュラエースだけチェーンリング間の距離が広いので、問題無く11速で使えると言われてるので、大丈夫だろうと思う。

* 海外通販でチューブをまとめ買いした。

久しぶりのメンテナンス作業ははかどらず。

ケストレルのレバーが落車で傷付いて、動くんだが、ベースのパーツにも傷が入って部品交換じゃ直せないので、無傷のサーベロS1から移植を行う。

サーベロは、余った11速パーツで組み直す事にして、取り敢えずケストレルのレバー交換に取り掛かったが、ケーブルがフレームとハンドルに内蔵なので、アウターは残してインナーだけレバーを一緒に交換する事にしたんだが、あんまり久しぶり過ぎてレバーにケーブルを通すやり方さえ忘れていて、非常に時間を食う。

また、工具とパーツがごちゃ混ぜにカゴに入れてあるので、コレを整理しながらだから、さらに時間を食う。

今日は、ケーブルをフレームに通したトコロで時間切れ。

あとは来週だが、なんとかサーベロのコンポ交換まで終わらせたい。

あと、娘の自転車のブレーキケーブル交換も行ったが、シフトケーブル交換が出来ず今は変速出来ない。

毎日のように作業してた頃よりも大分、作業が遅くなったが、多分、そのうち思い出したら以前のようにサクサク出来るはず。

炎天下の中、100km以上走ったら。

日曜日に自転車店のFit さんのツーリング企画に参加した。

平地基調のコースで楽勝だと思ったんだが、一方で最近は体調がイマイチな事もあり、実はその日も風邪薬を飲んでいたくらいで、ギリギリまで迷ってた。

一応は集合場所に向かい、体調に不安を感じたら戻るつもりだったが、なんとか行けそう。

折り返しの目的地は、知多半島の和菓子屋でカキ氷食べる事だったが、所謂 高級カキ氷を初めて食べたが、なるほどフワフワで美味しいと思った。

で追い風で楽々だと思った復路が気温が上がり、非常に辛い。

途中、参加者の一人が痙攣に続き熱中症らしき症状でダウンしたが、それから解散して一人で走っている時に脚が攣って、たまらずにすぐに近くにあった喫茶店で冷房の涼しさを堪能しつつ1時間も休憩してから、日差しも弱くなった頃にチンタラ走って帰宅。

まあ非常に疲れたが、どんよりとした頭痛の源みたいなのがスッキリと大量の汗とともに洗い流された感じで、体調はすっかり良くなった。

体温が上がったのが持続したせいで風邪薬のウィルスが駆逐されたのかもしれない。

ダイエットは停滞気味で、この日も上りが辛くて遅れそうになったので、秋のレースに向け、これから頑張る。

* ブレーキシューが寿命でセンサーが摩耗して異音が出てたので、交換した。

コリマのコルクシューはシマノとカンパニョーロのコンパチなので、入れるのに無理があり、水で濡らして滑らす様にして、ハンマーで打ち込む。

水を使わないと折れる。今まで何度か折って、水で滑らす技を見つけた訳で。

体調不良です。

ブログの更新の頻度が鈍っている。

暑くて特別に何もしていないという点もあるし、最近、少しだが常に体調がイマイチ良くない。

加えて、微妙に痛いトコロがあって、トレーニングの量も減ってる。

先週の月曜日にお風呂で腹のムダ毛を剃っていたら、髭剃りのキワ剃り用の1枚刃がスカッとお腹に当たり、かなり切れて血が出たんだけど、傷口がなかなか塞がらず、ウェアで擦れて今も痛く、3本ローラーにも乗る気がしない。

さらに、逆流性食道炎でお腹の具合が変で、痛みが辛い時は薬を飲んでいる。

時々、歯がしみるのも気分が滅入ったが、先週の金曜日に歯科医院で歯の掃除の時に具合を聞いたら、少し歯茎が腫れてるので、もっとガシガシ磨くように言われ、試供品の歯茎の腫れに効く歯磨きを貰ったし、自分でも買って、言われた様にしたら、コレは良くなってる気がしてる。

まあ とにかく、今日からトレーニングを立て直すつもり。

豊橋市の自宅で過ごした週末、新しく買ったエアコンが快適過ぎて、リビングでずっと寝転がって過ごした。

快適過ぎていくらでも寝られるし、3本ローラーもあんまり汗をかかなくて、達成感が低い。

静岡市のアパートは、エアコンが全然効かないので付けないので、3本ローラーでたっぷり汗が出る。

これぞダイエットという気分。

汐川干潟での潮干狩りは、とりあえず保留。

かつて、日本最大の干潟であったらしい豊橋市の汐川干潟で潮干狩りに挑戦すべく、とりあえず現地に行ってみた。

古くは潮干狩りがされてたという記録が有ったし、近年、干潟保全活動の一環として中学生が試し掘りしたら採れたという記事も見つけ、たっぷり採るつもり満々で自動車で乗り付けたが、誰一人として潮干狩りをしていない理由が即座に分かる。

アサリがいそうな浅瀬の州はあるのだが、ソコまで行くのに相当な距離を河口まで戻らないと砂浜に降りる事が出来ない。

海に降りられそうなトコロの近くに自動車が1台くらいなら無理矢理停められなくもないが、まあ、止した方が無難。

そうすると、2kmくらいは砂浜を歩く事になり、猛暑日の日差しの中を歩く気力が湧かなかった。

二人がかりで縄ばしごを用意して近いトコロから挑めば簡単だが、それはそれで大げさ過ぎる。

遠くに船で来て専用の道具でアサリをとってる様に見える漁師さんがいたので、多分、アサリは採れるはずだ。

漁業権の設定の無い場所なので、私でも採れるのだが、何しろ気分的にハードルが高い。

もっと気力が充実してる時に再挑戦しようと思う。

ハンドルを二つ買いました。

3Tのアルミハンドルとビジョン ブランドのFSAのカーボンハンドルが、海外通販で7割引くらいで叩き売りされたので、ステンレス工具箱と一緒に思わず買ってしまった。

すぐに使う当ては無いのだが、どちらもエアロ形状で、超軽量だから、現在の所有車のどれかの通常タイプのハンドルと交換するかもしれない。

期待しているのは、カーボンのビジョンの方。

思いっきり捻ってもたわむ感触は無く、下ハンドルの内側が削いであって手に馴染む。

上ハンドルがセットバックした形状も面白い。

私はフレームが重くても仕方ない場合も、ハンドルが重いのは許せないと思ってるので、良いパーツが入手出来てちょっと嬉しい。

最近は海外通販では、パーツを買う事が以前よりもかなり減ったが、新しいパーツはそれだけで気分が華やぐ。

ここ最近は自転車の大掛かりな整備案件が落車の怪我と暑さで停滞しているので、来週こそは取り掛かる予定。

取り掛かれば、ソコからは早いのだが、久しぶりの作業だと、面倒な気分を突破するのに一大決心が要る。

画期的グローブ。

コレ、パッド以外は全部メッシュで凄く涼しい。

手首のベルクロも無くて、シンプルでハメやすい。

セールで前に注文したのを忘れてダブって二つ買っちゃったが、結果的に正解。

仕事の商品注文も、最近、頻繁にダブっちゃう事があって、我ながらボケてると思うのだが、繰り返し確認せねば、と思う。