オーナーブログ

工具ケースを買った。だけ。

静岡の拠点のアパートの工具が全然整理出来ていないので、海外通販で大き目の工具箱を買った。

週に半分しかいないので、夏は湿気がこもり、深い袋に入れてた工具が錆びたんじゃなくて、カビたので、コレはマズいと思ったのだ。

まだ何も入れていない。

明日にはやるつもりだが、自信が無い。

Mad Pax、メーカーサイトから直接買える様になった。

この独特な形状のバックパックは、アメリカのMad Paxと言う本来は子供用のブランドだが、セレブのお子様にも御用達の高級品。

今までは、アメリカAmazonから かなり割高で買うしかなかったのだが、最近ではメーカーが海外発送してくれるので、非常に買い易くなった。

買うのが面倒な頃は、現地価格1万円程度の3倍の値段で日本で転売されていたが、流石にもう、そんなモノは駆逐された。

見かけよりも非常に軽いので、自転車にもピッタリ。

目立つのは安全だし。

コレがロードバイクでのバックパックの定番になると良いな、と思う。

世の中が少しだけ明るくなると思うので。

西浦漁港で。

先週、西浦漁港の朝市で買ったモノの一部。

小さな甘鯛は、小さいながらも白身の高級魚らしく、上品で美味しかった。

鱗ごと食べられる魚なので、3枚おろしを素揚げにして、野菜餡をかけて美味しくいただいた。

小さなコウイカとアオリイカは、一緒に買ったマアジとフライにしだが、流石、高級イカの味わいだった。

市場には、いつもシングル固定ギアの自転車で1時間以上かけて出かけていたが、もう朝は寒い季節なので、自動車で行く。

走ってるうちは寒くは無いのだが、市場に着くと寒く、着るモノに困るから、春までは自転車は無理だろう。

でも、もう一度、暖かい日を選んで、自転車で出かけてみるつもり。

ピストバイクにアスチュートのカーボンレールを付けてみた。

実は、コレ以前にもカーボンレールのセラ サンマルコのコンコールを付けてたんだが、座面が丸く盛り上がっていてシェルも硬く、非常に乗り心地が悪く、3本ローラーで結構長い時間、乗るからこそ、乗り心地が良いアスチュートに交換してみた。

で、やっぱり非常に快適で大満足。

3本ローラーだとカーボンレールの恩恵は無いのだが、アスチュートは非常に凝った多層構造のシェルで、乗り心地の良さとペダリングの し易さを両立してる。

初期型のクロモリレールも幾つか使用してるけど、現在の進化型モデルは剛性バランスが絶妙で、すっごく良い。

3本ローラーでのトレーニング時間が確実に伸びたのは、このサドルのおかげ。

ゆうすいクリテリウムは最下位だった訳。

先日の、ゆうすいクリテリウムは最下位だった。

昨年度は台風で中止、一昨年度は、上位から3割くらいで走れたので、今回はギャンブルでゴール周回のかなり前から一気に先頭に出て、逃げ集団を形成して上位で逃げ切る、という作戦を試してみた。

卸売り団地の中の道路というコース故の、コース幅が広い割にタイトなコーナーのコースなので、先頭なら理想的ラインで楽にコーナー立ち上がりのインターバル無しで走り抜けられると言うのは分かっていた。

で、実際にやってみた。

半周は作戦通りに良い気分で先行したが、いきなり脇腹が痛みだし、苦しくてスローダウンで先頭から一気に最下位になり、集団にすがる事も出来ず。

あとは、のんびりとゴールまで単独走行。

ギャンブルを仕掛けて見事に負けた訳で、全然悔しくは無い。

無茶をしなけりゃ集団の中で走れたのは間違い無いが、最周回に前に出られるイメージが湧かなかったので、ギャンブルしてみたが、全然パフォーマンスが足りなかった。

もっと瘦せてから、再挑戦する。

GDR ハイブリッドの走らせ方

このカーボンバックフレームは、ペダルを踏み込んでもスカスカして走らないイメージがずっとあったんだけど、ケイデンス高めでペダリングすれば、結構良い感じで走れる事が分かった。

別に持ってるアルミフレームのサーベロS1でも、もっとグイッとパワーが乗る感触が有るので、この踏み心地の大きな違いに原因は不明だが、ペダリングスキルの幅を広げると言う意味で、色んな特性のフレームを使うのも面白いと思う。

今まで、フレームによってペダリングを変えると言う話には違和感があったけれど、間違いなく本当だと思い直した。

Look 595 ウルトラ のトラブルを解決した。

この私が所有する唯一マトモなカーボンフレームだが、興味半分でリアディレイラーへのアウターケーブルの途中にインラインアジャスターを入れたら、セッティングが走行中に狂いまくって全然マトモに走れず、何度かレースをリタイヤしたくらいなので、しばらく放置していた。

が、一念発起して、アジャスターを外してアウターを交換、ケーブルを繋ぎ直し、テスト走行してみた。

そしたらまあ、セッティングは安定したけれど、色々とトラブルが発生。

左クランクが緩んで外れ、フロントディレイラーから盛大な異音が出て、フォークにガタが出た。

それから帰宅して、順番に全部 直しました。

来週、再度 試走してみて、トラブルが解決出来た事が確認出来たら、またレースに使う予定。

あと、シートポストの特殊な金属製 波型スリーブも注文しておいた。

このLook の特殊なシステムのシートポストは、フレームのクランプ部に割りが無く、波型のスリーブで隙間を何となく安定させてるが、このスリーブが痛むとガタが大きくなるのだ。

因みに、構造上、ガタはゼロにはならない。

デュラエース9000の変速不良の原因判明。

IFssr で使用してたデュラエース9000のレバーがたびたび変速不良を起こし、R9000のレバーへと交換を強いられ、更にグリスの固着が原因かと思ってシマノ に送ってオーバーホールを依頼するも、異常無しとして戻ってきたレバーの、トラブル原因が判明した。

新しくサーベロS1に装着して、11速に改造する過程で、以前とは逆のフロント側に変調が現れ、よくよく観察したら、ブラケットフードが少し裂けて内側にちょっとだけ折り込まれる事でレバーの作動を邪魔してたのだ。

経験上、シマノ の純正フードは非常に丈夫なので、こんな事は想定外だった。

しかも、コレはこの9000のレバーだけに存在する弱点みたいで、なんと新品を購入して交換したら、再度、裂けた。

レバーを外して根本から入れれば大丈夫だと思うが、手間が5倍くらいかかるので、再度の交換は当面、見合わせる。

が、ダメ元で非純正のフードを試してみるかもしれない?

非純正のフードは、これまでも色々と試したが、純正品より劣るモノばかりだった。

この9000のレバーは早々にマイナーチェンジされ、9001になってフードの互換性は無いし、既に3代前のモデルなので、スペアパーツを用意しておく必要がある。

レバーはフードが損傷してスペアが無いと、捨てるしかない。

ケーンクリークのブレーキ専用レバーがソレで、廃番でどうしようもない。

新しい下フレームのサングラスを買いました。

海外通販サイトでかなり前に見かけて、でも高額だったので買う気がしなかったサングラスがセールで大幅値引きになってたので、買ってみた。
なんか良く知らない新興メーカーみたいだが、デザインが斬新で いかにも私好み。上に縁が無いので、前傾姿勢で視界が広い。もっとも、フレームレスの単眼レンズのサングラスは珍しくないのであるが、そして何度か買ってみたが、アレはどうも固定力が弱くてイマイチな気がした。

その点、コレは良い。明らかに上方の視界が広くて、しっかり固定出来る。フレームの つる が調整式で自在の形に曲げて、そのまま形が維持される。レンズ性能も高く、周辺画像の歪みがちゃんと補正されてる。

良い買い物だったと思う。

Bolt 1700 RCを買った

キャットアイの最上位のライトを買った。

海外通販でキャットアイの扱いが無くなったが、良く見たら、まだ売ってた頃の最後の値段よりもAmazonの方がずっと安い。

なるほど、何らかの状況の変化があったようだ。

そもそも、今まで使ってたBolt 1200 でも何ら不満は無かったのだが、生活の拠点が二つある私には、主力機が二つあった方が好都合だったのだ。

ま、静岡にいる時には滅多に夜は走らないのだが、明るいライトがあれば夜でも走る気になるかもしれないと思って。

豊橋にいる時の漁港の朝市への買い出しがライトを必要とするメインの用途だが、使う機会は、もう少し先になる。

今週末には大型台風が来るので、市場には自転車じゃ行けないから。

まあ、天候が荒れると、そもそも魚の入荷自体が極端に減るので、自動車でも行く意味が無くなるのだが。