オーナーブログ

買い出し用キャリア付きシングル固定ギアの改造

西浦漁港の朝市への買い出しに使う事、専用車体の改造をしてみた。

このシングル固定ギアの車体は、成り行きで入手した格安フレームで自分で全て組み上げたモノだが、安くあげる事を目標にしてたので、定価よりも大幅値引きのパーツを使ったんだが、特にお買い物が済んで帰りに、重い車体を走らせるのが少々辛くて、やっぱり格安で購入したカーボンパーツを投入する事にした。

格安とは言えカーボンパーツなので、最初につけてたアルミパーツ程には安く無くて、カーボンハンドルとカーボンレールのサドルは、それぞれ1万円以上もするのだが、まあ、それでも7割引きくらいなので、良く使う車体だし、勿体無くはないと自分に言い聞かせて作業に取り掛かる。

特には難しい作業は何も無いんだが、バーテープも巻き直しだし、テレビを観ながらの作業だったので、2時間近くもかかったが、仕上がりは満足。

今は寒すぎて自転車での買い付けは休止してるが、あと1ヶ月もすれば、出番が来るだろう。

自転車で寒い中走る事自体は平気なんだが、市場に着いて買い物中に汗が冷えると一発で風邪をひきそうで、冬は無理なのだ。

最近の海外通販でのお買い物。

明らかに変な能天気なハチドリとトラに南洋らしい花の柄の長袖ジャージとエルフのコスチューム柄の、更に変な長袖ジャージは、格安のセール品だったので、思わず購入。

虎とハチドリのジャージは、ずっと安くなるのを待ってたモノだが、エルフ、調べたらイギリス流のエルフのジャージは、最後の1着を、ちょっと考えて、えいっ て買った。

ゆったりな縫製だそうで、非常に珍しいタイプなので、重ね着に便利だと思ったし、私はこういう明らかに趣味が変な柄が大好きだしね。

あと、2種類の糖質を最適な比率で混ぜた、通常よりも糖質を多く吸収可能らしい最先端科学のエナジードリンクの粉末。

レース機材みたいなもので、気分だけでも効く気がする。

あと、ZAMBIKES のフォークに3tを買ったけど、まだ取り付けが完了してない。

少しトラブルがあって、一応は対策部品を用意したが、まだ試していない。

風邪が酷くて、気力が出なかったから。

まあ、一応治ったので、明日にでもやってみる

西浦漁港の朝市で。

この前の土曜日、西浦漁港の朝市で新鮮な魚介類を仕入れる。

買ったのは、特に変わったモノはなくて、キダイ、ニギス、紋甲イカ、ガスエビ、ヒラアジなど。

早速作った紋甲イカとニギス、ヒラアジの海鮮丼は、とっても美味しく、その翌日に作ったガスエビとキダイに紋甲イカの天丼も上出来だった。

ヒラアジは、丸々と膨らんでるが、あんまり脂が乗っていなくて、アッサリした味わい。

実は先週から酷く風邪気味で、休日はずっと寝てる日が多かったんだけど、美味しいモノを食べると元気が出るし、朝市の活気に触れると気分が良くなると思い、ちょっと無理して未明に自動車を走らせたんだけど、それなりに体調も良くなった気がする。

一応、隔週で出かける事にしてるが、先週はあまりに体調不良で一回 飛ばしちゃった。

また再来週に出撃したい。

夏場はトレーニングと兼用で自転車だったが、流石に寒すぎてしばらく無理。

今シーズン最後のママチャリレースは、スタート出来ず。

 先日の土曜日、美浜サーキットのママチャリレースにエントリーしてたんだが、スタート出来なかった。

と言うか、会場に辿り付けなかった。

万全の準備をして、万全過ぎて時間の余裕があんまりなかったんだが、それでも会場への行程の8割は高速道路と有料道路なので、特に不安要素は無く、スタート時刻までに20分の余裕を持って着く予定だった。

が、高速道路を走行中に突然、Google MAPの当地予定時刻がとんでもなく遅くなって、経路が渋滞を示す真っ赤になった。

他のルートはその時点で選べず、真っ赤な表示区間に入ったら、やっぱりちゃんと渋滞してた。

Google MAPの予想到着時刻は物凄く正確で、数分でも縮める事は至難の技だと理解してたので、もう諦めるしかなく、事故渋滞を抜けた直後のインターチェンジで高速を降りて自宅に戻るしかなかった。

戻る途中、主催者でもあるサーキットのスタッフから電話があり、事故渋滞で諦めたと伝えた。

が、少し話してたら、ちょっとくらいならば私の到着を待ってくれそうだった。

私はママチャリレースの常連にしてレジェンドなので、融通してくれそうな様子だったが、まさか そんな事してくれるとは思わず、戻る途中だったんだが、ダメ元で戻る前に電話しても良かったかもしれない。

が、私のために数十人の予定を遅らせるのも良い気分じゃあないし、あっさり諦めたのは正解だと思ってる。

もう今シーズンはレースは無い。

なんだかなー、の終わり方だった。

Fuji Venomのハンドルとサドルを交換した。

このフジ ベノムはトリック用のピストバイクを大改造して、速度が出せる様に部品交換してあったのだが、元々安い完成車だったので、ハンドルとサドルは安目のパーツを取り付けていたんだが、他の車体から外した より良い軽い部品が余ってたので、ソレと交換してみた。

特にハンドルは軽い7000系アルミの製品に以前から替えたかったのであるが、やっと作業に取り掛かる。パーツ自体は随分前から用意出来てたし。

まあ、他にもブレーキケーブルが傷んでたり、時間が想定よりもかなりかかったが、胸に引っかかってた事が解消出来てスッキリした。

バーテープはセールで買った高級品のリザードスキンで、やっぱり良い。

西浦漁港の朝市で。

先週の土曜日、西浦漁港の朝市で食材を色々と買う。

モンゴウイカ、ニギスは定番だが、カワハギの近縁種のギマを500円で、巨大な穴子も500円、デカいヒラアジの仲間は1000円で購入。

ギマは剥いた状態で売ってた。皮が分厚く、トゲが鋭く、粘液が厄介なので、素人には作業が難しいし、プロの私でもイヤなので有難い。

煮魚で美味しくいただいた。脂の乗った肝が絶品。

穴子はデカすぎて小骨がキツくて、ハモの様に骨切りして煮魚と鍋物にした。美味しかったが、身が多く取れすぎて、最後は飽きてきた。

ヒラアジは3枚におろすと、身が平べったいので、期待したよりも身が小さい。

刺身とバター焼きにしたが、バター焼きは非常に美味かった。本当はフライを作るつもりが、面倒になってヤメたけど、フライも絶品に仕上がったとは思う。

今回の買い付けは、新しい魚種に挑戦して、まあだいたいは勝った感じ。

年末前に もう一度行く予定。

デュラエース9000シフターの作動不良の原因は?

以前、作動不良で取り外した9000デュラエースのシフターを、シマノ にグリスの固着だからとオーバーホールを依頼したら、ちゃんと動くと言われて何もせずに戻って来たので、そのままサーベロS1に取り付けて、6800アルテグラのリアディレイラー、9100のフロントディレイラーと共に組んでみたら、確かに最初の内は動いたのだが、寒くなると やっぱり作動不良を起こす。

で、特別に粘性が高いレンサルのチェーンオイルをさしてみたら、なんと、作動不良は直った。

が、再び作動不良が起きたので、今度はドバドバと注いで、余分なオイルが落ち切った後に試してみたら、今度も直った。

取り敢えず、コレでしばらく様子を見てみる。

しかし、シマノ のメーカーの修理部門は、あんまり信用出来ないね。

風邪が治りつつあります。

風邪がまたしても再発して、体調絶不調だったのが、かなりマシな具合になってきた。

完調には程遠いが、鼻水とくしゃみに熱っぽいのが何とか消えて、とりあえず活動出来る感じ。

しかし、ここ最近の数ヶ月、8割方は風邪を引いてる感じ。

年齢的に免疫力が低下してるのかもしれない。

でも頑張るしかない。

今月はママチャリレースが有るので、ソコに合わせて調子をピークに持って行きたい。

ダイエットは、いつもの様に失敗した。

風邪を引いてるとトレーニングがマトモに出来ないから。

せめて体調だけは整えて臨みたい。

逆向きに巻いちゃったけど、まあ良いか。

Fuji トラック プロのハンドルをセールで買ったアルミのエアロタイプに交換した。

この車体は豊橋市で3本ローラーを使う時のメインの車体なのだが、3本ローラーでのトレーニングは手の平に負荷がかかるので、荷重が分散される平べったいエアロタイプのハンドルが都合が良いのだ。

私の複数の所有車のうち、最初に取り付けたアルミハンドルは、軽量な丸パイプのハンドルが多く、コレを少しずつカーボンやアルミのエアロタイプに交換を進め、もう3本くらい使わないハンドルが余ってるんだが、まあ仕方ない。

昔はカーボンのエアロハンドルはグニャグニャに曲がる剛性の低いモノが多く、また以前のアルミのエアロハンドルは非常に重かったので、アルミの軽量丸パイプのハンドルは、選択肢として悪いモノじゃ無かったのだ。

それに昔は私のペダリングも現在ほどハンドルに意識的に荷重しなかったので、丸パイプで何の不都合も無かったし。

でも今はグリップ部の荷重が分散される優しいエアロハンドルが本当にありがたい。

セールで格安で買える事も多く、デザイン変更とかのモデルチェンジが頻繁な3Tの製品は特にその傾向が強く、先日もカーボンエアロハンドルが格安だったが、数日迷っているうちに早々に売り切れたのが少し悔しい。

こういうのは勢いが大事だが、その時は気分がちょっとネガティブだったので。

まあ仕方ない。

巻き直すバーテープを高級なリザードスキンにしたんだが、巻く方向を間違えた。

でもまあ、このバーテープは思いっきり伸ばしながら巻くのが非常にやり易く、ズレる心配は皆無なので、特に問題は無い。

3.2mm の分厚いのを選んだけど、とっても快適で気に入っている。

ヴィジョンのエアロハンドル、リッチーの220度ステム

新しいパーツをやっと取り付けた。

リッチーの25度でクランプ部が220度で分割されてる特殊なステムは竹フレームのZAMBIKES へ、ヴィジョンのカーボンエアロハンドルはアルミフレームのピストバイク、チネリ ビゴレッリへ 取り付けた。

3本ローラーでメインで使うチネリは、汗で一部のネジがアルミパーツと固着しかかっていて作業が大変だったが、リッチーのステム交換は、220度クランプが少し心配だったが、予想よりも簡単に組み付け出来た。

シングルスピードにカーボンハンドルは少し大袈裟かも?と思ったが、コレ、ブラケットポジションが手のひらの荷重を絶妙に分散させて、非常に楽だし路面からの振動を軽やかにいなしてくれるので、大成功だった。

ZAMBIKES はまだ試乗していないが、確実に操作性が上がっていると確信出来るので、期待出来る。

どちらもバーテープを巻き直したから、かなりの時間がかかったが、達成感は大きい。