コメンサル アシッドで通勤。

2012年 9月 7日

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今日は、一日中仕事で自転車に乗ってる時間が取れなかったので、せめて通勤でピストバイクのコメンサル アシッドを走らせる事にした。

このコメンサル アシッドは、BE-ALLが入院中のため最近通勤によく使用してるトリック系のFUJI VENOMと比べると安定寄りの操縦性で、その違いが走り出してしばらくは妙な違和感を生じさせて、ソレがけっこう面白い。ま、スグに馴染むのだが。

このコメンサル アシッドはダウンチューブが極太なのにチェーンステイが極細というちょっと変わった構成で、そのせいかとっても乗り心地が良い。剛性が不足してるようには感じなくて良く進む感触はあるのだが、見事に路面からの振動を柔らかくいなす。

最新設計のオートバイは、操縦安定性を確保するためにスイングアームの剛性を敢えて落とすという事をしてるが、ソレに通じる理屈かもしれない。

 

ところで、昨日、FUJIの自転車のカスタムコンテストにFUJIトラックプロで応募した。そのうち応募作としてFUJIのサイトで見られるはず。

なにか賞が取れるとうれしいが、私の先鋭的なセンスは理解されにくいかもしれない。