デュラエース 9000 ワイヤーの毛羽立ちと、、、。

2013年 2月 25日

今朝は予定通り、病院に行って、酷い胸焼けを押さえるための薬を処方してもらってたので、自転車に乗ってる時間は無い。ちなみに、ソレに加え、「補中益気湯」の漢方製剤も処方してもらった。「冬季鬱」に効果的だと言われてて、この前試してみたら良いカンジだったので、、。ちなみに、耳慣れない「冬季鬱」という病気というか症状は、症状が深刻化する事が極めて少ないので、存在自体の認知度が低いのだが、一説によると国民の10%が罹患してる可能性があるとも言われてるとっても身近なモノである。

さらにちなみに、冬季鬱は、なぜか?東北地方は単位人数あたりの自殺率が日本で最も高い理由の一つだとも言われてる。が、この件の主因は、飛行機で散布する農薬の影響が一番怪しい、というのが国家と農薬製造会社と農協が必死で否定するが、一般的に固く信じられてる見解ではある。

ところで、そういう訳で今日は自転車に乗れないので、昨日取り付けたアランデルのステンレス製のカッコいいボトルケージの画像と、噂は流れてるが現物を見た人は国民の0.00003%しかいないという「幻の」シマノ デュラエース 9000のシフトワイヤーの毛羽立ちの画像を載せておく事にしよう。

ちなみに、この確率の数字は、テキトーに書いた訳じゃなく、有名なグーグルの入社試験の問題に対する模範解答なみの深い洞察力から導き出したかなり信憑性がある数字だが、説明すると難解で長くなるから、詳しい計算方法は割愛。

ところで、この毛羽立ちは正確にはワイヤーの毛羽立ちじゃなく、ワイヤーの特殊コーティングの毛羽立ちで、触っても極めて柔らかい。

発生する原因は、一目瞭然で、シフトワイヤーがリヤディレーラーのトコロでクキッと曲がるから。ま、見た目以外は特に悪影響は無いらしいが。

ちなみに、この画像がインターネットでもほとんど見かけないのは、販売への悪影響を心配する自転車業界の人達の、祈りにも似た「不安」が、話題にするのを遠ざけてるから、、。

でも、そのうち、どうせ誰かが必ず大騒ぎして事実を歪めて画像を公開するだろうから、それよりはマシだろうという判断で、私が淡々と現実だけを取り上げる事にした訳である。

* アランデルのボトルケージは、下の方で強く固定する設定なので、底の縁の曲率が小さ目なボトルだと、引っかかってうまく入らない場合がある。ま、そういうボトルは多くは無いけど。

CIMG9305CIMG9309CIMG9306