LOOK KG223 完成予定仕様、小出し発表。vol,7

2013年 6月 20日

今日は、自転車雑誌の発売日である。早速、一通り購入してパラパラと読んでみたのだが、その中の新製品紹介の記事に、今回の「LOOK KG223プロジェクト」に関係するモノがあった。
採用を予定してたクランクセットのスギノOX801DがバージョンアップしてOX901Dに更新されたそうだ。
10%も軽量化されて性能も向上したらしいが、同時に定価も5%ほど向上?して42000円になってしまった。
「LOOK KG223プロジェクトクト」は、どうせ組立工賃がパーツ代金の他に別途必要になるので、持ち込みのパーツで大物は通販とかで極力安く入手するという方針でやってるから、実際の支払額はもう少し少なくなるとは言うものの、クランクセットとしてはハッキリと高額の部類であり、ミドルグレードのクロモリフレームと釣り合いが悪いカンジもして、以前から気になってた点がより状況が悪化したようで気分がスッキリしない。
いっその事、フレームをもっと軽いモノに変更しちゃえばバランスが取れるかな?なんて本末転倒な考えもアタマをよぎったりするのだが、私は、「行動の意味」が消失するのが大嫌いなので、ソレはありえないし。このプロジェクトの基本コンセプトは、手持ちのパーツを最大限活用してリーズナブルにレトロシフトのシステムでロードバイクを1台でっちあげる、であるから。
だから、いったんはヤメにした、スラムのセール品で格安に仕上げる、という案を再検討する必要があるかもしれない。
でも、結局はこの新型のスギノのクランクセットを選ぶ可能性が高いとは思う。
クランクセットは、耐久性の高いパーツだから、良いモノはそれこそフレームを「乗り換えて」使い続けられるし。ちなみに、私のZAMBIKESバンブーバイク固定ギヤ仕様のクランクは、最初はキャノンデールSIX-13に付けてた名品と呼ばれた7800系デュラエースだし。

ところで、今日こそWレバー用の座金の注文に行こうと思ったら、起きたのが遅くてお昼からの仕事までに時間が無くて、無理だった。当然、自転車に乗る余裕も無かったが、そもそも終日の雨ったし。
CIMG0095