アクメ自転車 製作日記 -88- 「ディスプレイ」

2015年 4月 29日

風俗情報誌やこのサイトで告知してあるのは5月1日からだけど、私の都合で今日、アクメ自転車を私の静岡のお店、綾波書店、静岡弐号店へディスプレイするために出向き、非常に苦労したけれど、とりあえず設置はしてきた。

本当は、取り付けたままペダリングもできる丈夫なメンテナンススタンドを使用する予定だったのだけれど、自宅に置き忘れちゃったので、簡易なディスプレイスタンドで設置する事になったから、余計に大変な作業となった。

手の届かないように、階段の踊り場のイベントコーナーの奥側、しかもディスプレイテーブルの上に推定20kgのアクメ自転車を安定して設置するため、たとえ地震が来ても大丈夫なように、壁沿いに張り巡らせてある金属製のネットにタイラップで4箇所、吊るようにして、クランクも動かせないようにタイラップで2箇所、フレームに縛り付けた。

あとは最低限のPOPを付けたけど、ディスプレイと呼ぶにはいかにも大雑把過ぎるので、あとの仕上げは社員に指示して任せることにした。

 

これで、2ヶ月半ほど自宅のリビングに鎮座していたアクメ自転車が無くなって、非常にスッキリしたものの、何か寂しい。

 

ところで、実は一昨日、あるAVメーカーの方が3人も東京から私の自宅まで来てくれて、AVに使用するかどうかを真剣に検討してもらってる最中である。

 

訊いてみたら、やはり、AVの野外撮影は警察屋さんが煩いかも?という自主規制の気分が大きいらしく、この事情はドコのAVメーカーも同様のようではある。

まあ、多忙な方々なのに、かなりのコストと時間を割いて見に来てくれたのだから、それなりに結果が期待は出来るのではあるが、あとは祈るしかない。

それにしても、エロチックな物体は直接は全く写らない筈で、例えばリモコンバイブなどと状況は変わんなくて、リモコンバイブを使用する画像はYouTubeなんかでも全く問題なく無数に公開されてるのに、このアクメ自転車でのタイホを心配するのは完璧に過剰対応だ、と思うのだけれど、まあ、リスクを負う立場じゃないから、腰抜け、なんて言えるはずも無い。

とりあえずまあ、私の製作した自転車自体には、非常に興味を持って頂けたのはうれしかった。

CIMG2557CIMG2556