今シーズンの潮干狩りは、終了かもしれません。

2020年 4月 28日

先週の金曜日には、今シーズン3度目の東幡豆海岸の潮干狩りに出かけた。

初回はハマグリが5kg、結構アッサリと獲れた。

追加料金を含めて、3200円かかったが、三河産の美味しいハマグリはプレミアム価格で取引されるくらいの高級食材だから、12000円くらいの価値がある。

2度目はメチャクチャ粘って頑張っても3kgしか獲れず、敗北感が大きかったので、今回の3度目は前回の不振を反省して、戦略的に取り組み、4kgを確保。概ね満足した。

ハマグリは有限なので、時期が遅いほど不利になるのを跳ね返し、健闘した。と自分を褒めてあげたい。

三河産のハマグリは過剰なくらい旨味が強く、誰にお裾分けしても非常に喜ばれる。

因みに、潮干狩りの主役と言えるアサリは、非常に獲りにくい岩場で少しか獲れず、最初から無視してハマグリを狙うのだ。

忍者熊手とも呼ぶ手カギで砂地を掘りまくると、ハマグリがに当たった時に感触で分かり、艶々した美しく ずっしり重い貝殻を拾い上げると、宝物を掘り当てた様に思えて、とっても興奮する。

また、僅かな砂の具合を読んでハマグリがいそうなトコロを掘ってみて、本当に見つかる時の達成感は気持ち良い。

潮干狩り、は本当の意味で「狩り」そのものだ。

が、調子に乗って2日後の日曜日に更に追加で獲ろうと出かけたら、突然の閉鎖。

どうやら お気軽な公務員が閉鎖勧告を電話してきたらしい。

これで、今シーズン、開いてる潮干狩り場はゼロになった。

残念としか言えない。潮の具合と私の都合が合う限り、毎日でも出かけるつもりだったのに、、、。

まあ、例の新型コロナウィルスでの緊急事態宣言が解除されたら再開しそうなトコロがあるから、期待して待つしかない。

今回のハマグリは、最近のお気に入りの剥き身にしてからのフライに加えて、本物のバカみたいに高価なサフランを購入してパエリアを作ってみたが、とっても美味しく出来た。

ブイヨンを最小限にして、ハマグリの旨味を最大限 利用して、旨味溢れる仕上がりになった。

サフランが染めるご飯がとっても鮮やかな黄色で、作ってて面白い。

そのうち、また作ってみる。

潮干狩りは出来なくても、漁港の朝市で食材は色々揃うので。